Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証企業の個人情報漏洩で継続可否を検討 - TRUSTeマーク

国内で個人情報保護の第三者認証プログラム「TRUSTeマーク」を提供している日本プライバシー認証機構は、同マーク取得企業において大規模な個人漏洩が発生した問題を受け、同社に対する認証の継続可否について検討すると発表した。

ルーク19が運営する「サンプル百貨店」において、顧客情報約46万件が元派遣社員により持ち出され、名簿業者に売却されたもので、同社がTRUSTeマーク認証を受けていたことから、今後の対応について検討していることを明らかにしたもの。

同機構によれば、同社は2005年にTRUSTeマークを取得。取得時や毎年更新する際に認定する審査機関によって個人情報保護の体制についての審査を受けてきたという。

同機構では、今回の事故について消費者に与える影響が大きいと指摘。事故の事実関係や対応状況、個人情報のアクセス管理、従業者の教育といった運営状況、今後の方針など、現地調査などを実施した上で認証継続の可否を検討していく方針で、決定後は、同機構のサイト上で公表する予定。

(Security NEXT - 2010/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要