Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JavaScriptの脆弱性を狙うダウンローダーが複数ランクイン - G Dataまとめ

G Data Softwareは、9月に同社製品が検知したウイルスの傾向を取りまとめた。JavaScriptの脆弱性を狙うトロイの木馬が、10位以内に複数ランクインしている。

同社のウイルスランキングによれば、1位は8月と変わらずPDFの脆弱性を攻撃する「JS:Pdfka-OE」だった。2位にUSBメモリ経由で感染する「Worm.Autorun.VHG」、3位に音声ファイルを装った「WMA:Wimad」が続いている。

また、JavaScriptの脆弱性を狙うトロイの木馬型ダウンローダーが4位、5位、9位にランクインした。感染すると不正サイトからマルウェアがダウンロードされる。6位には、Gumblar型攻撃を行う「HTML:IFrame-U」が入った。

このほか、8位にはQuickTime動画を装った「MOV:QuickLoad」が、10位にはファイル感染型のポリモーフィック型ウイルス「Win32.Sality.OG」が入った。

(Security NEXT - 2010/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増