Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

W杯の背後で「サッカーロト」に便乗するフィッシング - 興味本位のアクセスも危険

米McAfeeによれば、南アフリカで開催中のワールドカップに関するロトくじのキャンペーンに見せかけた英文のフィッシングメールが出回っているという。

同社が確認したのは、「FIFAワールドカップのロトキャンペーン」「くじで約122万ドルの賞金が当選した」などW杯の人気に便乗するメールを送りつける手口で、20種類近いフィッシングメールが発生しているという。クレジットカード関連情報などは要求しておらず、携帯電話情報を求めるものだった。

今回の攻撃についてMcAfeeは、クレジットカード情報の入力を求めないことで本物らしさを演出していると分析。しかしながら興味本位で個人情報を提供するユーザーを狙っていたり、ウェブサイト上で脆弱性に対するゼロデイ攻撃を行うケースも考えられるため、油断して安易にウェブサイトを訪れないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ