Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

W杯の背後で「サッカーロト」に便乗するフィッシング - 興味本位のアクセスも危険

米McAfeeによれば、南アフリカで開催中のワールドカップに関するロトくじのキャンペーンに見せかけた英文のフィッシングメールが出回っているという。

同社が確認したのは、「FIFAワールドカップのロトキャンペーン」「くじで約122万ドルの賞金が当選した」などW杯の人気に便乗するメールを送りつける手口で、20種類近いフィッシングメールが発生しているという。クレジットカード関連情報などは要求しておらず、携帯電話情報を求めるものだった。

今回の攻撃についてMcAfeeは、クレジットカード情報の入力を求めないことで本物らしさを演出していると分析。しかしながら興味本位で個人情報を提供するユーザーを狙っていたり、ウェブサイト上で脆弱性に対するゼロデイ攻撃を行うケースも考えられるため、油断して安易にウェブサイトを訪れないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple