Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」を装ったフィッシング攻撃が発生 - フィッシング対策協議会が注意喚起

カードブランド「MasterCard」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。今回の攻撃に関連して、同協会へ8件の報告が寄せられているという。

問題の攻撃は、「MasterCard Account Holder」というタイトルでフィッシングメールが送信されており、セキュリティ対策上あらたな認証が必要となったとして、アップデートを求める手口。

フィッシングサイトとして、3種類のURLが確認されており、28日14時の時点で稼働していることからJPCERTコーディネーションセンターが閉鎖に向けて調査を行っている。

同協会では、フィッシング詐欺サイトへ誤って個人情報を入力しないよう呼びかけるとともに、類似したフィッシング攻撃を発見した場合は、同協議会まで連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple