Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」を装ったフィッシング攻撃が発生 - フィッシング対策協議会が注意喚起

カードブランド「MasterCard」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。今回の攻撃に関連して、同協会へ8件の報告が寄せられているという。

問題の攻撃は、「MasterCard Account Holder」というタイトルでフィッシングメールが送信されており、セキュリティ対策上あらたな認証が必要となったとして、アップデートを求める手口。

フィッシングサイトとして、3種類のURLが確認されており、28日14時の時点で稼働していることからJPCERTコーディネーションセンターが閉鎖に向けて調査を行っている。

同協会では、フィッシング詐欺サイトへ誤って個人情報を入力しないよう呼びかけるとともに、類似したフィッシング攻撃を発見した場合は、同協議会まで連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング