Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、ロゴを一新してあらたなブランド戦略へ

エフセキュアは、9月4日にロゴを一新した。コンシューマー向け製品の最新版発表にあわせて変更したもので、同社ではあらたなブランドイメージの構築を目指している。

従来同社では、社名の頭文字である「F」と三角形をモチーフにしたデザインだったが、あらたなデザインでは従来の雰囲気を踏襲しつつも、より柔らかく洗練されたイメージを持たせた。コーポレートカラーもより明るいブルーを採用している。

090904fs.jpg
旧ロゴ(画面左)と新ロゴ(画面右)

また同社では今回のリニューアルにあわせ、同社専用のフォント「F-Secure Sans」も作成。スローガンである「BE SURE.」を「かけがえのないものを守る(Protecting the irreplaceable)」へと変更した。

あたらしいロゴは4日発売となったコンシューマー製品より採用されている。また同製品ではパッケージについて、従来の幾何学的なデザインから人物へ変更しており、ロゴなどとあわせてより親しみやすいイメージを打ち出した。

090904fs2.jpg
コンシューマー向け製品のパッケージも変更

(Security NEXT - 2009/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA
6月11日から「サイバーコロッセオ」がスタート - オリパラも向け模擬演習
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye