Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、ロゴを一新してあらたなブランド戦略へ

エフセキュアは、9月4日にロゴを一新した。コンシューマー向け製品の最新版発表にあわせて変更したもので、同社ではあらたなブランドイメージの構築を目指している。

従来同社では、社名の頭文字である「F」と三角形をモチーフにしたデザインだったが、あらたなデザインでは従来の雰囲気を踏襲しつつも、より柔らかく洗練されたイメージを持たせた。コーポレートカラーもより明るいブルーを採用している。

090904fs.jpg
旧ロゴ(画面左)と新ロゴ(画面右)

また同社では今回のリニューアルにあわせ、同社専用のフォント「F-Secure Sans」も作成。スローガンである「BE SURE.」を「かけがえのないものを守る(Protecting the irreplaceable)」へと変更した。

あたらしいロゴは4日発売となったコンシューマー製品より採用されている。また同製品ではパッケージについて、従来の幾何学的なデザインから人物へ変更しており、ロゴなどとあわせてより親しみやすいイメージを打ち出した。

090904fs2.jpg
コンシューマー向け製品のパッケージも変更

(Security NEXT - 2009/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も