Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃におけるだましの手口や対策を解説 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、ソーシャルエンジニアリングを利用した攻撃について分析結果や対策を取りまとめ、資料として公開した。

送信元を偽り、ソフトウェアの脆弱性を攻撃するマルウェアを送りつけるなど、ソーシャルエンジニアリングの手法を用いた標的型攻撃が発生していることから、同機構では、攻撃に関する概要や分析内容を紹介し、エンドユーザーやシステム管理者向けに対策などをわかりやすくまとめたもの。資料は8ページから構成されており、同機構のページよりダウンロードできる。

所属する職員になりすましたメールが2008年4月ごろに出回るなど同機構も被害に遭っており、信憑性がある文面や実際に発行したプレスリリースが悪用されている。同機構はこうした攻撃について、メールの受信者が推測することが非常に困難であると指摘。事前の対策や脅威の可視化を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト