Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IEの脆弱性へ定例外パッチで対応 - 公開は18日

マイクロソフトは、「Internet Explorer」の脆弱性に対応するため、12月18日に定例外でセキュリティ更新プログラムの提供を実施すると発表した。

今回提供されるセキュリティ更新プログラムは、11日に同社がアドバイザリで公表したIEのデータバインディングに関する脆弱性を解消するもの。リモートでコードが実行されるおそれがあり、深刻度は「緊急」となっている。

メールの添付ファイルはもちろん、HTMLメールやウェブサイトの閲覧だけでも攻撃を受けるおそれがあるため、同社では緩和策などをアナウンスしていた。すでにゼロデイ攻撃が確認されている。

セキュリティ情報の事前通知 - 2008年12月 (定例外)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-dec-ans.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認