Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロとベスト電器が「自然保護キャンペーン」を実施

トレンドマイクロとベスト電器は、セキュリティ対策ソフトの販売を通じて自然保護キャンペーンを実施する。

同キャンペーンは、「ウイルスバスター2009」シリーズの販売本数に応じて、温暖化問題など地球環境の保全活動に取り組む企画。両社は12月5日から2009年2月28日まで、ベスト電器やさくらや店舗において対象製品1本の販売につき、NGO団体「WWF」へ100円を寄付する。

対象製品は「ウイルスバスター2009 1年版」「ウイルスバスター2009 3年版」「ウイルスバスター2009+保険&PCサポート1年版」「ウイルスバスター2009+保険&PCサポート 3年版」「ウイルスバスター2009 1年版 6ユーザパック」「ウイルスバスター2009 更新パック」。

(Security NEXT - 2008/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【書籍】Facebookの安全利用ノウハウ満載「フェイスブックが危ない」
キングソフト、ネットショップの売上半額を被災地支援で寄付
導入額の一部を環境団体へ寄付するEV SSL証明書 - ディレクターズ
振る舞い検知機能を強化したコンシューマー製品を発売 - F-Secure