Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ経由のウイルス感染が急増 - パソコン教室で感染、私物持ち込みで職場感染も

USBメモリ経由のウイルス感染が急激に拡大している。情報処理推進機構(IPA)ではUSBメモリについて利便性が高い一方で、「落とし穴」が存在するとして注意を呼びかけた。

IPAによれば、9月におけるUSBメモリ経由のウイルス感染報告は1万1722件程度だったが、10月に6万2555件と急増。さらに11月には10万1090件と大台を突破するなど、勢いは収束するどころかさらに広がっている。

急増した原因のひとつに外部メディアへ感染するよう機能が組み込まれていることが挙げられる。IPAでは、他パソコンへ感染する手法がMS-DOS時代に流行したブートセクタ感染型ウイルスに類似すると指摘。オートランファイルが悪用されたり、ファイルを偽装するなど手口も巧妙で、感染した場合はパソコン内部のデータ破壊や情報漏洩といった被害につながる。

実際に「USBメモリ内にある身に覚えのないファイルを興味本位でクリックしたら、別のSDメモリカードにウイルスが感染した」「データの受け渡しの際、他人のパソコンに接続したらウイルス感染した」といった相談がIPAへ寄せられており、なかには、パソコン教室経由で感染したり、職場へウイルスを持ち込んでしまったケースもあった。

USBメモリなど、USBメディアが大容量かつ低価格で手に入ることから利用が増える一方で、ウイルス対策がおろそかにされている現状があり、IPAでは、安易に利用するとウイルス感染を引き起こすとして、オートラン機能の無効化やウイルスチェックの実施など、対策を呼びかけている。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
活動再開のEmotet、2月以前に窃取したメール情報を悪用するケースも
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T