Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ経由のウイルス感染が急増 - パソコン教室で感染、私物持ち込みで職場感染も

USBメモリ経由のウイルス感染が急激に拡大している。情報処理推進機構(IPA)ではUSBメモリについて利便性が高い一方で、「落とし穴」が存在するとして注意を呼びかけた。

IPAによれば、9月におけるUSBメモリ経由のウイルス感染報告は1万1722件程度だったが、10月に6万2555件と急増。さらに11月には10万1090件と大台を突破するなど、勢いは収束するどころかさらに広がっている。

急増した原因のひとつに外部メディアへ感染するよう機能が組み込まれていることが挙げられる。IPAでは、他パソコンへ感染する手法がMS-DOS時代に流行したブートセクタ感染型ウイルスに類似すると指摘。オートランファイルが悪用されたり、ファイルを偽装するなど手口も巧妙で、感染した場合はパソコン内部のデータ破壊や情報漏洩といった被害につながる。

実際に「USBメモリ内にある身に覚えのないファイルを興味本位でクリックしたら、別のSDメモリカードにウイルスが感染した」「データの受け渡しの際、他人のパソコンに接続したらウイルス感染した」といった相談がIPAへ寄せられており、なかには、パソコン教室経由で感染したり、職場へウイルスを持ち込んでしまったケースもあった。

USBメモリなど、USBメディアが大容量かつ低価格で手に入ることから利用が増える一方で、ウイルス対策がおろそかにされている現状があり、IPAでは、安易に利用するとウイルス感染を引き起こすとして、オートラン機能の無効化やウイルスチェックの実施など、対策を呼びかけている。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応