Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム監視機能を搭載した中小企業向けセキュリティ製品 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、中小企業向けセキュリティ対策製品「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」を8月22日より出荷開始する。

同製品は、「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」の後継製品。中小企業を対象としており、100台以下のサーバやクライアントについて一元管理が行える。

最新版では、ウェブサイトを評価し、不正サイトへのアクセスを制限する「ウェブレピュテーション機能」やメール本文内に記載されたURLからスパム判定を行う「迷惑メール対策ツール」を搭載。またシステムの改変の監視機能を追加している。

さらにウイルス検索エンジンとスパイウェア検索エンジンを統合。従来製品と比較し検索時間が最大80%の短縮を実現したという。

(Security NEXT - 2008/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも