Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム監視機能を搭載した中小企業向けセキュリティ製品 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、中小企業向けセキュリティ対策製品「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」を8月22日より出荷開始する。

同製品は、「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」の後継製品。中小企業を対象としており、100台以下のサーバやクライアントについて一元管理が行える。

最新版では、ウェブサイトを評価し、不正サイトへのアクセスを制限する「ウェブレピュテーション機能」やメール本文内に記載されたURLからスパム判定を行う「迷惑メール対策ツール」を搭載。またシステムの改変の監視機能を追加している。

さらにウイルス検索エンジンとスパイウェア検索エンジンを統合。従来製品と比較し検索時間が最大80%の短縮を実現したという。

(Security NEXT - 2008/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
ウェブルート、企業CSIRTやMSP向けに脅威情報サービス
MBSD、不正サイトとの通信を遮断するクラウドサービス
ラック、潜伏マルウェアの不正通信を調査するサービス
フォーティネット、WAFのラインナップに2製品を追加
シスコ、認証制御製品「ISE」を機能強化 - pxGrid参加は30社に