Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合ログ管理ソリューションの米LogLogicが日本市場に本格参入

統合ログ管理ソリューションを提供する米LogLogicは、日本法人「LogLogic Japan」を設立した。

内部統制やコンプライアンス、PCI DSS対策といった需要増加を見込み日本市場へ参入するもので、日本語環境での動作検証技術サポートを行うラボ「LogLogic Japan Support Laboratory」を都内に開設。今後発表する製品では、積極的に日本語へ対応していく。

また今回の日本法人設立に合わせ、新製品「LogLogic 4.2i」を発売した。同製品は、異なる形式のログを統合管理、分析できる統合ログ管理ソリューション。検索アルゴリズムの改善により、検索機能の応答時間を最大25%高速化したほか、レポート機能やユーザーインタフェースを強化した。

ハイエンド向けアプライアンス「STシリーズ」、およびエントリークラス向けアプライアンス「LXシリーズ」による運用が可能。従来バージョンのユーザーで保守契約を更新しているユーザーは無償でアップグレードすることができる。

(Security NEXT - 2008/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研