Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市内の小学校で個人情報入りメモリを一時紛失 - 無事回収へ

横浜市立山下小学校で、教諭が個人情報を保存したUSBメモリを紛失する事故が発生した。説明会を実施するなど一時騒動に発展したものの、その後無事に回収されたという。

同校教諭が、25日に校内で児童24人の成績などを記録したUSBメモリを紛失したもの。横浜市では、同日中に紛失を公表し、学校長や同教諭による家庭訪問の実施や、保護者向け説明会を実施するなど対応に追われた。

同日夜に校内で児童がキーホルダーと思って拾得していたとの連絡が保護者より受け、同教諭が紛失したUSBメモリであることを確認。中身については見ていないと話しており、無事に回収したという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開