Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講談社の従業員が発信者と利用目的偽装しアンケートメール

講談社の従業員が発信元を偽装して、外部にアンケートのメールを送信していたことがわかった。

11月2日から19日にかけて、同社のコミック担当者が漫画関係のブログを運営する156人に対してアンケートのメールを送信したもので、送付する際に慶応義塾大学の学生を名乗り、実際とは異なる利用目的を記載していたという。

同社では、同従業員より事情聴取を行うなど詳細を調べているが、「言語道断な行為であることは明らか」としており、厳正に処分する方針だ。

(Security NEXT - 2007/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か