Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが月例セキュリティパッチを公開 - 予告のうち1件が延期

マイクロソフトは、9月の月例セキュリティ更新プログラムの提供を開始した。当初5件の提供が予定されていたが、1件が延期となり、4件となった。

深刻度が「緊急」とされるものは1件。残り3件は「重要」となっており、いずれも脆弱性が公開されているが、ゼロデイ攻撃などは確認されていないという。当初予定されていた「SharePoint Server」の脆弱性を解消するプログラムは、品質上の問題から来月以降に延期された。

深刻度が「緊急」とされるプログラムは、Windows 2000 SP4向けに公開された1件のみで、「Microsoftエージェント」の脆弱性を解消するもの。URLを処理する方法に問題があり、脆弱性を攻撃された場合、外部からコードが実行されるおそれがある。

深刻度が「重要」とされた「Visual Studio」の脆弱性は、Crystal Reportsを含んだ製品のみ影響があるもので、不正に改変したRPTファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性がある。「Windows Services for UNIX 3.0」「Windows Services for UNIX 3.5」の脆弱性も「重要」とされており、特権の昇格を行う脆弱性を解消する。

一方、「MSN Messenger」「Windows Live Messenger」の脆弱性は、ウェブカメラやビデオチャット利用時にリモートでコードが実行され、乗っ取られる可能性があるもの。同社では、脆弱性が解消されている「MSN Messenger 7.0.0820」や「Windows Live Messenger 8.1」へのアップデートを推奨している。またアップデートは、Microsoft UpdateではなくMessengerソフトのアップデート機能を用いて提供されるため、注意が必要。

2007年9月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-sep.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム