Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著作権法違反の増加目立った2007年上半期のサイバー犯罪

警察庁は、2007年上半期のサイバー犯罪における検挙状況を発表した。全体の検挙件数は1808件で、前年同期の1802件から大きな変化はなかったが、犯罪の傾向に変化が見られた。

大きく減少したのが、不正アクセス禁止法違反で、41.1%の減少となり、検挙件数は156件。オークションサイトに模倣したフィッシング詐欺によりIDやパスワードを詐取し、不正アクセスしたケースや、ネット証券会社に対する総当たり攻撃、スパイウェアによりオンラインゲームのIDを詐取し、検挙された例があった。

一方目立った増加が見られたのは、知財に関するサイバー犯罪で、Winnyで漫画を配信し検挙された事例をはじめ、著作権法違反による検挙が増加。前期比176.1%増を記録し、127件となった。また商標法違反についても1割ほど増加している。また児童買春や保護育成条例違反が385件で61.1%増となった。

また今上半期は、54億通のスパムメールの送信した特定電子メール送信適正化法違反や、薬事法違反により検挙された事例なども報告されている。相談件数は、33058件で8.2%増加した。昨年、大きく減少した「詐欺・悪質商法」の相談が再び増加傾向にあり、20.7%増の1万2771件となっており注意が必要だ。

(Security NEXT - 2007/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か