Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

退職医師のPC盗難で患者情報が流出 - 虎の門病院

虎の門病院は、退職した医師の自宅から、同医師が担当していた入院患者の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

盗難に遭ったパソコンには、入院患者144名分の氏名、住所、生年月日、年齢、性別、入退院月日、病状などの個人情報が記録されていた。また、氏名、生年月日、住所が含まれないデータも123名分あったという。パソコンにはパスワードが設定されていた。

同医師は3月に退職したばかりで、3月30日から4月6日まで自宅を留守にしていた間に盗まれたという。同医師は、ただちに盗難届を提出、同院では該当する患者に対し、文書と電話で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに