Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

呉信金、約6万5000件の顧客情報を紛失

呉信用金庫は、振込明細表など、顧客情報が記載された内部書類の紛失が判明したと発表した。

同金庫によれば、紛失した内部書類は、個人情報5万1618件を含む「振込人別振込明細表」をはじめ、7036件を含む「口座振替受入・照合明細表」や2124件を含む「債券マル優マル特異動明細表兼残高一覧表」など、6万5518件の顧客情報が記載されていたと推定されており、氏名、住所、電話番号、口座番号などが含まれていた。

同金庫では、5月から6月にかけて個人情報に関わる書類の一斉点検を実施した際、772件の紛失が判明。その後全店の保管状況を追加調査したところ、今回の紛失がわかったという。

同庫では、誤って他の書類とともに廃棄処分した可能性が高いと内部調査の結果、結論付けている。同金庫では、個人情報保護や書類の管理に関して職員の指導教育を徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ