Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、10月のトップ10ウイルスを発表 - Mytobの亜種が急増

ソフォスは、2005年10月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、10月に検知した新規ウイルスは1689件で、これは同社が統計を開始して以来最も高い数値だという。また、全メールのうち1.66%がウイルスメールで、先月までの減少傾向から一転して増加した。

トップは「Netsky-P」で、これで20カ月連続でチャートに入っている。また、「Mytob-GH」や「Mytob-EX」などMytobの新規亜種がランクの上位を占め、全報告数でも3分の2が同ワームの亜種で占められている。今後もこの増加傾向はますます強まるとして、十分なウイルス対策と最新のセキュリティパッチ適用を実行するよう求めている。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Mytob-GH
W32/Mytob-EX
W32/Mytob-AS
W32/Mytob-BE
W32/Zafi-D
W32/Netsky-D
W32/Mytob-C
W32/Zafi-B
W32/Mytob-ER

(Security NEXT - 2005/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で