Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生命保険申込書控えを紛失 - 全国信用協同組合連合会

全国信用協同組合連合会は、団体信用生命保険の申込書類を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、同会が窓口となっている住宅資金融資の利用に関係する団体信用生命保険の加入申込書、および告知書の本部、および営業控え477件。氏名や住所、生年月日、年齢、告知事項など個人情報が記載されていた。

書類の生命保険は、1999年4月1日から2005年8月31日までに完済となっているが、内部規定により保存対象となっていたという。今回の紛失は、内部の保管体制を調査したところ判明した。

同会では、紛失の原因として、店舗の統廃合や自然災害の汚損により誤廃棄した可能性が高いとし、「外部への流出はありえない」と結論づけている。

(Security NEXT - 2005/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も