Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生命保険申込書控えを紛失 - 全国信用協同組合連合会

全国信用協同組合連合会は、団体信用生命保険の申込書類を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、同会が窓口となっている住宅資金融資の利用に関係する団体信用生命保険の加入申込書、および告知書の本部、および営業控え477件。氏名や住所、生年月日、年齢、告知事項など個人情報が記載されていた。

書類の生命保険は、1999年4月1日から2005年8月31日までに完済となっているが、内部規定により保存対象となっていたという。今回の紛失は、内部の保管体制を調査したところ判明した。

同会では、紛失の原因として、店舗の統廃合や自然災害の汚損により誤廃棄した可能性が高いとし、「外部への流出はありえない」と結論づけている。

(Security NEXT - 2005/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性