Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

故障ハードディスク経由で顧客情報が流出 - 群馬銀行

群馬銀行は、内部資料が外部に流出したと発表した。2003年に発覚しているものの、現在の所有者と交渉がまとまらず未回収だという。

流出した資料は、担当者が個人的に作成した作業チェック表3枚で、法人65件、個人22件、合計87件の顧客情報が記載されていた。また、貸出金額や資産状況が記載された内部資料3枚も含まれているという。作業チェック表には、取引先の情報そのものは含まれていない。

2003年12月に部外者より中古パソコンのハードディスク内に同行の顧客情報が保存されていたとの指摘があったという。調査したところ、行員の私用パソコンで故障が発生した際、購入店へ交換のため返却したハードディスクより流出したことがわかった。同行では、所有者と回収交渉を進めているが、現在も未回収だという。

発表が遅れた理由として、流出情報の内容の把握できなかったためとしている。同行では、関係者を訪問した上で、事実を説明、謝罪したという。

(Security NEXT - 2005/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など