Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

故障ハードディスク経由で顧客情報が流出 - 群馬銀行

群馬銀行は、内部資料が外部に流出したと発表した。2003年に発覚しているものの、現在の所有者と交渉がまとまらず未回収だという。

流出した資料は、担当者が個人的に作成した作業チェック表3枚で、法人65件、個人22件、合計87件の顧客情報が記載されていた。また、貸出金額や資産状況が記載された内部資料3枚も含まれているという。作業チェック表には、取引先の情報そのものは含まれていない。

2003年12月に部外者より中古パソコンのハードディスク内に同行の顧客情報が保存されていたとの指摘があったという。調査したところ、行員の私用パソコンで故障が発生した際、購入店へ交換のため返却したハードディスクより流出したことがわかった。同行では、所有者と回収交渉を進めているが、現在も未回収だという。

発表が遅れた理由として、流出情報の内容の把握できなかったためとしている。同行では、関係者を訪問した上で、事実を説明、謝罪したという。

(Security NEXT - 2005/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市