Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで開発担当者が逮捕 - TDL顧客情報漏洩事件

オリエンタルランドが運営するアミューズメントパーク「東京ディズニーランド」の顧客情報が今年1月に流出した事件で、千葉県警はソフト会社契約社員の男性を不正アクセス禁止法容疑で逮捕した。

男性は、業務委託先だったシステム開発会社へ勤めており、その立場を利用して不正アクセスを行い、顧客情報を盗んだ容疑で調べを進めている。

今年1月に漏洩が判明。オリエンタルランドは、ディズニーランドの年間パスポートを購入した12万1607名分が流出したとの調査結果を公表していた。その際に流出経路として、内部ネットワーク経由や、業務委託業者から漏洩した可能性が高いとしていた。

(Security NEXT - 2005/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も