Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CPI、統合セキュリティソフト「TotalSecurityFort」をリリース

シーピーアイは、総合セキュリティソフト「TotalSecurityFort」を発売した。

同製品は、8つのモジュールから構成されたセキュリティソフト。同社の「X-FORT」を進化させたもので、外部メモリデバイスやネットワーク、インタフェースの監視や制御、暗号化機能、異常事態のアラート機能など、従来機能にくわえ、プログラムやURLの制御機能やパーソナルファイアウォール機能、FTP制御機能のほか、プリント枚数の制限や印刷内容の保存、暗号化機能、メール操作などのログを取得する機能などを随時追加していくという。

同社では、10月26日より東京ビッグサイトにて開催される「SecuritySolution2005」に同製品を出展する予定。

(Security NEXT - 2005/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性