Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、9月のトップ10ウイルスを発表 - 既存ウイルスが増加傾向に

ソフォスは、2005年9月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同社では、9月に1233件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、9月に使用されたメールのうち1.53%がウイルスメールで、15カ月間連続で減少傾向にあるという。

報告数のトップは「Netsky-P」で全体の18.6%を占め、2カ月連続で増加。同社によれば、ウイルスがトップ10に留まる平均期間は8カ月程度だが、同ウイルスは発見されて以来19カ月連続でチャートに入っているという。同社は長期にわたり被害が報告されている原因として、セキュリティソフトのアップデートを怠るなど、ユーザーのウイルス対策に関する意識が低いことを指摘している。

また、発見から時間が経過しているウイルス「Zafi-D」や「Netsky-D」の増加も目立った。さらに、「Mytob」ワームの亜種も依然として広くまん延しており、9月に報告された全てのウイルスのほぼ半分を占めているという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Mytob-BE
W32/Mytob-AS
W32/Zafi-D
W32/Netsky-D
W32/Mytob-CX
W32/Mytob-EP
W32/Mytob-CJ
W32/Mytob-C
W32/Mytob-CN

(Security NEXT - 2005/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ