Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カカクコム、改ざんされたサービスを公表

カカクコムは、ウェブサイト改ざん事件について、改ざんされた形跡が認められるサービスを公表した。

18日現在、トップページをはじめ、パソコンカテゴリートップや家電カテゴリーのトップなど、22ページでの改ざんが確認されている。また、「最安お知らせメール」「おすすめ?る」といったメールサービスからサイトへアクセスした場合も完全の危険があるとしている。ただし、メールの受信や閲覧だけでは感染しないという。

同社では、該当サービスの利用者に対し、ウイルス感染の可能性があるとして、セキュリティソフトなどを用いて検疫や駆除を行うようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会
ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用