Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カカクコム、改ざんされたサービスを公表

カカクコムは、ウェブサイト改ざん事件について、改ざんされた形跡が認められるサービスを公表した。

18日現在、トップページをはじめ、パソコンカテゴリートップや家電カテゴリーのトップなど、22ページでの改ざんが確認されている。また、「最安お知らせメール」「おすすめ?る」といったメールサービスからサイトへアクセスした場合も完全の危険があるとしている。ただし、メールの受信や閲覧だけでは感染しないという。

同社では、該当サービスの利用者に対し、ウイルス感染の可能性があるとして、セキュリティソフトなどを用いて検疫や駆除を行うようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市