Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Updateサイトを装って、ウイルスをばらまく偽サイトに注意

ソフォスは、マイクロソフトのWindows Updateサイトを装った偽サイトに誘導しようとするメールが報告されたとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、セキュリティパッチを掲載するマイクロソフトの公式サイトを装った偽のサイトに、ユーザーを誘導しようとするメールが流通しているという。ユーザーが、メールに記載されているリンクをたどりアップデートをダウンロードすると、トロイの木馬「Troj/DSNX-05」に感染し、攻撃者にPCをリモートコントロールされてしまう。

同社では、Windowsの脆弱性を悪用したウイルスやワーム、ハッカーに対抗するために、最新のセキュリティパッチを適用するよう求めている。また、マイクロソフトはこのような方法でセキュリティ警告をリリースすることはないとして、不審なメールに記載されたリンクをクリックしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集