Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報がP2Pソフトで流出

東京医科歯科大病院において、患者約50名の個人情報がP2Pソフトを通じて流出していたことが明らかとなった。

今回の漏洩は、担当医師が自宅に個人情報を持ち帰り作業をしていたところ、漏洩したもの。氏名や患部の撮影画像などが含まれていた。PCにインストールされていたP2Pソフト「Winny」よりウイルスが感染し、PC内の情報が外部に流出したものだという。

(Security NEXT - 2005/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ