Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報がP2Pソフトで流出

東京医科歯科大病院において、患者約50名の個人情報がP2Pソフトを通じて流出していたことが明らかとなった。

今回の漏洩は、担当医師が自宅に個人情報を持ち帰り作業をしていたところ、漏洩したもの。氏名や患部の撮影画像などが含まれていた。PCにインストールされていたP2Pソフト「Winny」よりウイルスが感染し、PC内の情報が外部に流出したものだという。

(Security NEXT - 2005/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」