Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コクヨS&T、PCの不正使用を防止するUSBキーの多機能版を発売

コクヨS&Tは、パソコンの不正使用を防止するUSB認証キー「FILSAFER KEY」の多機能版「EAM?UK500」を発売した。価格は2万6250円。

同製品は、パソコンの不正使用を防止するためのUSB認証キー。USBポートから認証キーを抜き取ると、画面がスクリーンセーバに切り変わり、マウスやキーボードなどの操作をロックできる。

今回発売された多機能版では、データ、画像、動画など、パソコン内に保存してあるあらゆる種類のファイルを暗号化できるようになった。そのため、第三者によるパソコン内のデータの改ざんや盗難を防ぐことができるという。

また、キーを差し込まないと外部メディアにアクセスできないようにする「外部メディアへのアクセス禁止機能」や、IDおよびパスワードをキーに保存して必要な時に呼び出せる「パスワードメモリー機能」も備えている。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT