Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コクヨS&T、PCの不正使用を防止するUSBキーの多機能版を発売

コクヨS&Tは、パソコンの不正使用を防止するUSB認証キー「FILSAFER KEY」の多機能版「EAM?UK500」を発売した。価格は2万6250円。

同製品は、パソコンの不正使用を防止するためのUSB認証キー。USBポートから認証キーを抜き取ると、画面がスクリーンセーバに切り変わり、マウスやキーボードなどの操作をロックできる。

今回発売された多機能版では、データ、画像、動画など、パソコン内に保存してあるあらゆる種類のファイルを暗号化できるようになった。そのため、第三者によるパソコン内のデータの改ざんや盗難を防ぐことができるという。

また、キーを差し込まないと外部メディアにアクセスできないようにする「外部メディアへのアクセス禁止機能」や、IDおよびパスワードをキーに保存して必要な時に呼び出せる「パスワードメモリー機能」も備えている。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応