Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

507件分の顧客情報が保存された携帯端末機が盗難に - 北海道ガス子会社

北海道ガスは、2月23日、子会社である北ガスジェネックスにおいて、507件分の顧客情報が保存されたガスメーター検針用の携帯情報端末機1台が、盗難被害に遭ったと発表した。

同社によれば、2月24日、検針作業員が作業に向かうために車両に乗り込んだところ、助手席のドアキーが壊され、車内に保管していた端末機が紛失していることに気づいたという。前後の経緯から、前日に駐車場で車上荒らしに遭ったものと判断し、警察署に被害届を提出した。現時点では、端末機はまだ発見されていない。

盗難に遭った端末機は、ガスメーター検針の際にガス使用量のデータを入力するとともに、顧客に渡す検針のお知らせを印刷するためのもので、セキュリティ措置が施されているという。盗難時には、同社のプロパンガスを利用している顧客507名分の氏名、住所、電話番号、ガスの使用状況などが保存されていた。

同社では、被害者に経過を説明し、謝罪するとともに、社内においてさらに指導を強化するなど、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校