Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山梨県立科学館、メール誤送信で300名の氏名とアドレスを流出

山梨県立科学館は、同館からの案内メール登録者にメールを送信する際、他の登録者約300人分の氏名とメールアドレスが確認できる状態で送信したと発表した。

同発表によれば、メール送信の際、本来ならばほかの登録者の名前やメールアドレスが確認できないBCCで送信すべきものを、誤って確認できるCCで送信したという。そのため、メールには登録者全員のメールアドレスと氏名が表示されてしまった。

同館は、ホームページ上に謝罪文を掲載するとともに、今後の対策として、配信マニュアルやチェック体制の強化を行うとしている。

(Security NEXT - 2004/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管