Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows、IE、Excelなどに11件の脆弱性

マイクロソフトは、WindowsやInternet Explorer、Excelなどに合わせて11件の脆弱性が見つかったと発表、更新プログラムを公開した。深刻度は、最も危険な「緊急」が8件、次に危険な「重要」が2件、「警告」が1件となっている。

今回公開された脆弱性には、ウェブページやメールを見ただけで、コンピューター内のファイルが読み取られるなどの悪質なプログラムが実行されるといった、危険なものが多数含まれている。

同社では、Windows UpdateやOffice Updateから、更新プログラムを早急にインストールするよう求めている。

(Security NEXT - 2004/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
メール誤送信で大阪府港湾協会会員のメアド流出 - 大阪府
4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」