Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害増加中「オレオレ詐欺」への注意を喚起 - 日本損害保険協会

日本損害保険協会はホームページにおいて、「オレオレ詐欺」の被害例、手口、および撃退法などを紹介し、注意を促している。

同レポートによれば、警察庁発表の「オレオレ詐欺」被害件数は、2004年4月以降、再び増加の兆しを見せている。また、高齢者だけでなく、40代から50代にも被害が及び、1件あたりの被害額も2000万円を超える場合もあるという。

被害形態は、交通事故示談金名目が48.0%と最も多く、サラ金などの借金返済名目が34.4%、妊娠中絶手術費用名目が6.3%となっている。手口は多様化しており、暴力団員を装って脅迫したり、警察、弁護士、保険会社を名乗ることもある。また、家族の実名や本人の詳細な情報を入手しているケースもある。

同レポートでは撃退法として、不審な電話からの呼びかけには慌てて答えず、相手に名乗らせること、本人に事実を確認することなどを挙げている。また、脅迫まがいの言動があった場合は、すぐに最寄りの警察署か警察の相談窓口(#9110)へ電話するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区