Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省がソフトバンクを行政指導 - 通話情報漏洩で

総務省は23日、IP電話の通話情報が漏洩していたソフトバンクBBに対し、文書にて行政指導を実施した。ソフトバンクBBの調査報告を受け、行政指導を行ったもの。

ソフトバンクBBの報告によれば、顧客管理データベースに一時的に保管していた約9万人分の通信記録の中から65件(14人分)の通信記録が流出したという。同社は、漏洩の発生原因として「通信記録の管理が不適切」で「インターネット経由でアクセスできる環境に保存されていたこと」を挙げている。また、パスワードなど安全管理措置が不十分だった点にも言及している。

総務省は報告に対し情報管理不備を認め、文書にて注意した。また、5月末に実施した行政指導と合わせ、報告書の提出を求めている。

(Security NEXT - 2004/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に