Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテックのNorton Internet Securityに脆弱性

シマンテックは、同社のセキュリティ製品「Norton Internet Security」に深刻なサービス拒否の脆弱性があると発表した。攻撃者がこの脆弱性を元に攻撃した場合、システムが動作不能に陥る可能性があるという。

攻撃者は、脆弱性に対し、特別に細工した TCP パケット攻撃を仕掛けることにより、完全に稼動停止に陥れることが可能。問題が発生した場合は、システムを再起動しないと解決できない。

影響を受けるコンポーネントは以下の通り。シマンテックでは、修正パッチを開発し、LiveUpdate および テクニカルサポートを通じて配布している。

Symantec Norton Internet Security/ Professional 2003, 2004
Symantec Norton Personal Firewall 2003, 2004
Symantec Client Firewall 5.01, 5.1.1 (英語版にのみ)
Symantec Client Security 1.0, 1.1 (英語版にのみ)

(Security NEXT - 2004/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ