Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテック、「流通BMS」向け証明書発行サービスを開始

インテックは、「流通ビジネスメッセージ標準」に対応した電子証明書の発行サービス「EINS/PKI+ for EDI」を10月1日より開始する。

同サービスは、経済産業省の流通システム標準化事業により、大手小売企業18社によって策定された「流通BMS」が推奨する通信プロトコルに対応した電子証明書発行サービス。取引における相互の認証や通信メッセージへの署名、暗号化などに利用できる。

証明書有効期間は3年で、法人だけでなく、個人事業主向けにも証明書を提供し、通信プロトコルやシステム構成に合わせて証明書を選択できる。

インテック
http://www.intec.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意