Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、迷惑メール送信で出会い系サイト運営者に措置命令

総務省と消費者庁は、出会い系サイトの広告メールを不正に送信していた事業者に対し、5月20日付けで特定電子メール法違反による措置命令を行った。

措置命令の対象となったのは、ウェブサイト「みずいろさーくる」を運営し、広告メールを送信していたミネルバ。受信者の同意なく、少なくとも2014年2月から5月にかけて広告宣伝メールを送信。受信者の同意についても記録を保存していなかった。こうした状況を受け、総務省と消費者庁は同社に対して特定電子メール法の遵守を命じる措置命令を行った。

迷惑メールに関して相談を受け付けている日本データ通信協会には、450人からのべ3026件のメールについて相談が寄せられていたという。インターネットユーザーの間でも、同社より「登録完了」など心当たりがないメールが届いているとの声が挙がっていた。

(Security NEXT - 2014/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市