Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード情報含む最大1万件の顧客情報が流出の可能性 - 中古通販サイト

インターネットで中古品の買い取りや販売を行っているネットオフは、サーバが不正アクセスを受け、利用者の顧客情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

スマートフォン以外の携帯電話向けに提供している同社ショッピングサイトにおいて、不正アクセスの痕跡を発見したもの。同社はサービスを停止し、外部事業者が調査を進めている。

不正アクセスを受けたサーバには、2011年4月から2012年9月4日にかけて、携帯電話向けサイトでクレジットカード決済により商品を購入した顧客の情報やクレジットカード情報が保存されており、最大1万589件の個人情報が外部へ流出した可能性があるという。

同社では、問題判明後に不正アクセスの経路を遮断。クレジットカード決済を停止し、二次被害対策を講じた。同社では引き続き調査を進め、原因や実施する対策についてサイト上で随時報告していく予定。

(Security NEXT - 2012/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券