Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動車103台分の登録原簿が所在不明に - 国交省

国土交通省は、北海道運輸局および関東運輸局において、登録自動車の一部情報が記載された「自動車登録乙原簿」が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、データが電子化される以前の1987年までに登録された自動車の「自動車登録乙原簿」。自動車登録番号および抵当権者名が記載されている。

8月1日、北海道運輸局室蘭運輸支局で19台分の紛失が判明したのを受け、全運輸局で管理状況の調査を実施。その結果、関東運輸局千葉運輸支局野田自動車検査登録事務所で84台分が所在不明となっていることが判明した。

同省では今回の問題を受け、台帳で管理している情報をすべて電子化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2012/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
重度心身障害者の助成金請求書類を紛失、支給に影響なし - さいたま市
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - コムテック
自動車パーツの通販サイトに不正アクセス - エンラージ商事
顧客情報記載の一部帳票が所在不明に - 都内トヨタディーラー
サーバより取引先や従業員の個人情報が流出 - 自動車部品メーカー
トヨタに行政指導、委託先子会社が個人データ管理のクラウドを誤設定
顧客情報の誤公開、あらたに約26万件が判明 - トヨタ
クラウド設定ミスで車両情報が公開状態に、位置情報も - トヨタ
保険会社2社の業務委託先より顧客データ約200万件が流出