Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会

川崎市社会福祉協議会は、事業の申込者に関する個人情報が、申し込みフォーム上で閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同協議会によれば、支部である川崎区社会福祉協議会において、、Googleフォームを利用して地域主催事業の応募を受け付けたが、その後設定を変更した際に誤りがあり、申込者に関する個人情報を閲覧できる状態となったもの。

6月5日に定員を超過したため申し込みを終了したところ、申込者より申込状況を確認したいという要望があったため、応募に使用したGoogleフォームを「結果の概要を表示する」に設定。他申込者の個人情報を閲覧できる状態となった。

申込者118人の氏名、電話番号、メールアドレスが対象となるが、項目ごとにまとめて表示されており、それぞれを紐付けた状態ではなかったとしている。

6月14日に申込者から指摘があり、問題が判明。同日設定を変更して閲覧できないようにした。

同協議会では、対象となる申込者に電話とメールでっ上を説明し、謝罪している。またほかのフォームにおいて同様の問題が生じていないか確認した。

(Security NEXT - 2024/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市