Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託事業者が受給者証交付者リストを別の医療機関に誤送付 - 大阪市

大阪市は、個人情報含む精神通院医療受給者証等交付者リストを誤送付する事故があったことを明らかにした。

同市によれば、自立支援医療受給者証の発送業務を委託している事業者が、受給者証を医療機関へ送付する際、同封する交付者リストを誤って別の医療機関へ送付するミスがあったという。

交付者リストには、受給者15人分の氏名、住所、生年月日、性別、受給者番号などが記載されていた。

5月27日、大阪市こころの健康センターに、医療機関から受給者証に同封されているはずの交付者リストが足りないと連絡があり、誤送付先になった可能性がある別の医療機関に電話で確認したところ、誤送付していたことが判明した。

同市では、対象となる受給者に事情を説明して謝罪。誤って送付した交付者リストを、本来送付すべき医療機関に提供した。

(Security NEXT - 2024/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フランスのグループ会社でランサム被害、詳細を調査 - ダイセル
スマホサポーターの個人情報が流出、閲覧権限設定ミスで - 東京都
大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
「Juniper Secure Analytics」のアップデートで200件以上の脆弱性を解消
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会