Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flask App Builder」に脆弱性 - 「OpenID 2.0」使用時に影響

Flaskをベースとしたウェブアプリケーション開発フレームワーク「Flask App Builder(FAB)」に脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

「OpenID 2.0」の認証プロトコルを使用するよう構成している場合に、攻撃者によって不正な権限を取得されるおそれがある脆弱性「CVE-2024-25128」が明らかとなったもの。

攻撃者が細工したHTTPリクエストを用いることで、バックエンドに対し、任意の「OpenID」サービスを使用させることが可能だという。

CVE番号を採番したGitHubでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.1」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同脆弱性は「同4.3.11」にて修正した。アップデートできない場合の緩和策もアナウンスしている。

(Security NEXT - 2024/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
サードパーティ製ソフトに起因する脆弱性7件を修正 - Atlassian
先週注目された記事(2024年4月14日〜2024年4月20日)
「MS Edge 124」がリリース、脆弱性17件を修正
「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県