Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JetBrainsの開発支援ツールに深刻なRCE脆弱性 - アップデートを

JetBrainsが提供するCI/CDツール「TeamCity」に深刻な脆弱性「CVE-2024-23917」が明らかとなった。悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。

同製品に認証回避の脆弱性「CVE-2024-23917」が明らかとなったもの。HTTP経由でアクセスできる場合、認証をバイパスして「TeamCityサーバ」の管理を行うことが可能となり、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

「同2023.11.2」および「同2017.1」までの以前のバージョンが影響を受ける。外部セキュリティ専門家より1月19日に報告を受けたという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は、「同2023.11.3」にて同脆弱性を修正しており、すべてのユーザーに対して最新版へアップデートするよう呼びかけている。またアップデートができないユーザーに対してはパッチを提供している。

クラウド版についてはすでにパッチを適用済みで、攻撃を受けていないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2024/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に