Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米当局、「FortiOS」や「Roundcube」に対する脆弱性攻撃に注意喚起

米当局は、「FortiOS」や「Roundcube」の脆弱性に対する攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が、2件の脆弱性「CVE-2024-21762」「CVE-2023-43770」を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加したもの。

米国内の行政機関では、指定期間内に同カタログへ追加された脆弱性へ対応する義務が生じる。また脆弱性そのものは広く悪用されるおそれがあり、対象機関以外も注意する必要がある。

「CVE-2024-21762」は、Fortinetが提供するゲートウェイ製品が搭載する「FortiOS」の「VPN機能」に明らかとなった脆弱性。

Fortinetが現地時間2月8日にセキュリティアドバイザリを公開し、悪用された可能性があることを示唆した。翌9日にCISAが同カタログへ同脆弱性を追加。日本国内においてもJPCERTコーディネーションセンターが注意喚起を行っている。

またオープンソースのウェブメールクライアント「Roundcube」の脆弱性「CVE-2023-43770」についても悪用が発生しているとして、現地時間2月12日に同カタログに登録した。

(Security NEXT - 2024/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県