Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」にアップデート - 4件のセキュリティ修正

Googleは、現地時間1月30日にブラウザ「Chrome」のアップデートをリリースした。セキュリティに関する複数の修正を実施している。

Windows向けに「Chrome 121.0.6167.140」「同121.0.6167.139」、macOSおよびLinux向けに「同121.0.6167.139」をリリースしたもの。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する4件の修正を行った。CVEベースで3件の脆弱性「CVE-2024-1060」「CVE-2024-1059」「CVE-2024-1077」に対処したことを明らかにしている。

2023年12月13日から同月29日にかけて報告されたもので、いずれも解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性だという。重要度はともに「高(High)」とレーティングされている。

同社では、今後数日から数週間をかけて同バージョンを展開していく予定。

(Security NEXT - 2024/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収