Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「小学生すくすくウォッチ個人票」を異なる児童へ誤配布 - 大阪市

大阪市立小学校において、児童の個人情報が記載された書類を別の児童に誤配布する事故が発生していたことがわかった。

同市によれば、8月29日、市立小学校の教員が、35人分の「小学生すくすくウォッチ個人票」を異なる児童へ配布していたことが判明したもの。個人票を受け取った保護者から、別の児童の個人情報が記載されているとの連絡があり判明した。

個人票には児童の学年とクラス、出席番号、アンケートやテストの結果から判明した個人の強み、テスト結果などが含まれる。

解答用紙の配布時に、各児童に付番された個人番号を確認しておらず、個人票の配布時に児童本人の個人情報が記載されていることを確認していなかった。

同校では対象となる児童の家庭訪問を行い、説明と謝罪を行ったうえで、誤配布した個人票を回収している。

(Security NEXT - 2023/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

飲酒後に携帯電話を鞄ごと置き忘れ、翌日回収 - 都教育支援機構
ボランティア登録した高校生宛のメールで誤送信 - 愛媛県
U-15選抜申込者の個人情報が閲覧可能に、フォーム設定ミスで - INAC神戸
シェアオフィスサイトが改ざん、顧客情報流出なし - 南海電鉄
キャンペーン応募者の個人情報流出の可能性 - マルキユー
「Apache Tomcat Connectors JK」に情報漏洩の脆弱性
「OpenSSL」にアップデート - 「同1.1.1」はサポート終了
「BIND 9」に複数の脆弱性 - アップデートが公開
個情委、公金受取口座の誤登録問題でデジタル庁に行政指導
配当金計算書で封入ミスが発生した可能性 - THK