Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州子会社に不正アクセス、一部データが流出 - トヨタ紡織

トヨタ紡織は、欧州子会社が不正アクセスを受け、一部のデータが窃取されたことを明らかにした。

同社によれば、トヨタ紡織ヨーロッパにおいて、データ授受システムの脆弱性を突く不正アクセスが行われ、一部データが窃取されたことを6月7日に確認したという。詳細について調査を進めている。

同社では攻撃を受けたシステムについて不具合を修正し、対策を講じた。他拠点には影響はないことを確認したとしている。

トヨタ紡織グループにおいて生産や販売などの業務は継続しており、通常どおり稼働している。

(Security NEXT - 2023/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府