Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix ADC」などに複数の脆弱性 - アップデートで修正

Citrixは、「NetScaler ADC(旧Citrix ADC)」「NetScaler Gateway(旧Citrix Gateway)」における2件の脆弱性を解消した。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」の5月9日にアドバイザリをリリースし、アップデートを求めたもの。

管理インタフェースより特定のIPアドレスへアクセスした場合に、任意のファイルを読み込むことが可能となる「CVE-2023-24487」や、特定の構成において影響を受けるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2023-24488」が存在する。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアはそれぞれ「6.3」「6.1」と評価されている。

同社では、「同13.1-45.61」「同13.0-90.11」「同12.1-65.35」「同12.1-FIPS 12.1-55.296」「同13.1-FIPS 13.1-37.150」「同12.1-NDcPP 12.1-55.296」をリリース。利用者に対して早急にアップデートするよう呼びかけている。

同社が提供するクラウドサービスやアダプティブ認証サービスに関しては、これら脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2023/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市