Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、macOS向けにセキュリティアップデート - すでに悪用の可能性

Appleは、セキュリティアップデートとなる「macOS Ventura 13.2.1」をリリースし、3件の脆弱性を解消した。他macOS向けにもブラウザのアップデートを提供している。

今回のアップデートでは、アプリよりカーネルの権限でコードを実行されるおそれがある権限昇格の脆弱性「CVE-2023-23514」や、アプリよりユーザーデータを監視することが可能となる脆弱性「CVE-2023-2352」を解消した。

さらに「WebKit」において細工されたウェブコンテンツを読み込むと「型の取り違え」が生じ、任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2023-23529」へ対応している。

同脆弱性については、すでに脆弱性が悪用されている可能性がある。「macOS Big Sur」「macOS Monterey」に対しては、同脆弱性を修正したブラウザの最新版「Safari 16.3.1」をあわせてリリースした。

また「CVE-2023-23514」「CVE-2023-23529」については、「iOS」など同社スマートデバイスも影響を受けるため、あわせて注意が必要となる。

(Security NEXT - 2023/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要