Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正

Oracleは、1月17日にリリースした四半期定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」に関する脆弱性を修正した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、今回のアップデートであわせて4件の脆弱性に対処。いずれもリモートより悪用されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、「Oracle GraalVM Enterprise Edition」に含まれるコンポーネント「Node.js」に明らかとなった「CVE-2022-43548」がもっとも高く「8.1」と評価されているが、ほか3件の脆弱性ついては、「5.3」以下となっている。

同社は、脆弱性に対処した「Java SE 19.0.2」「同17.0.6」「同11.0.18」「同8 Update 361」および「Oracle GraalVM Enterprise Edition 22.3.1」「同21.3.5」「同20.3.9」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

なお、「Java SE 7」については、前回2022年7月の更新で「延長サポート(Extended Support)」が終了。脆弱性が発見された場合も修正されない「持続サポート(Sustaining Support)」へ移行している。

今回の「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」において修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-43548
CVE-2023-21835
CVE-2023-21830
CVE-2023-21843

(Security NEXT - 2023/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市