Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正

ウェブサーバ「Apache HTTP Server」の開発チームは、最新版となる「同2.4.55」をリリースした。脆弱性の修正なども含まれており、アップデートを呼びかけている。

今回のアップデートは「同2.4.x」系における最新のGA版。脆弱性の修正にくわえて、コアにおけるオーバーフロー対策や、複数モジュールにおけるバグの修正などが含まれる。

脆弱性については3件を修正。「mod_proxy_ajp」におけるリクエストスマグリングの脆弱性「CVE-2022-36760」や、「mod_proxy」における応答の分割が可能となる「CVE-2022-37436」、「mod_dav」において域外メモリへのアクセスが生じる「CVE-2006-20001」に対応した。

開発チームでは、同バージョン以前の利用者に対して、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団