Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査業務の委託先が個人情報含む資料を紛失 - 国交省

国土交通省は、調査業務の委託先において、個人情報含む資料が所在不明となっていることを明らかにした。

九州地方整備局によれば、鹿児島国道事務所が地下水調査業務を委託した八千代エンジニヤリングにおいて、調査に必要となる個人情報が記載れていた資料を紛失したもの。問題の資料には、47人の氏名と住所などが記載されていた。

1月12日に紛失に気づき、搜索するとともに警察への届け出を行ったが発見されていない。対象となる関係者には、同社より経緯の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性